仏 像 彫 刻
作品で辿る足跡 〜川村雅則作品集〜 その1

   
  

 関東支部HPの事務局に促され、今までの作品を辿ってみることになりました。
いざ振り返ってみると、仏像彫刻に携わり30余年の年月が経っていたことに、我ながら驚いた次第です。

 予期せぬ出来事であるうえ、もとより整理が良い方ではないので、
少しずつ記憶を辿り、古い写真を引っ張り出し、何とか思い出せるところまで思い出してみました。

ほとんどの作品は既に手元にはありませんが、完成したときに一体一体撮っておいた写真が役に立ちました。
 
これから少しずつHPを充実させていくことを約束し、ひとまず公開することとなりました。(2007/2/16)  

 


   ※作品名をクリックすると、詳細の画像が見られます。また、写真をクリックすると、拡大できます。

 
白檀阿弥陀如来坐像
(平成29年作)
小品ですが台座の花弁は吹き寄せ蓮弁とし、華盤は雲の透かし模様と水面を表わしました。阿弥陀如来の説法印の手の彫り出しに苦労しました。

 

白檀不空羂索観音
(平成28年作)
東大寺三月堂の巨大な観音像をモデルにし本体八寸の白檀の小像を彫像しました。細密な宝冠のデザインや合掌手内の水晶玉の制作や取り付けに苦労しました。

白檀五大明王 
(平成27年作)
生駒の宝山寺の五大明王を
参考にし、京都の大覚寺の
五大明王のデザインも
取り入れて彫刻しました。 

 
 
深沙大将 
(平成26年作)
深沙大将は執金剛神と共に奈良時代から信仰されていたようです.
執金剛神は平成18年に作成したので今回の深沙大将も同様に(同じ寸法、一木作り)で作成しました。

弁財天半跏像
(平成25年作)
仁和寺の仏画の弁財天をもとに
デザインしました。
本体の後部の天衣の浮き出しと
琵琶とバチまでを一木で
彫りあげました。




地蔵菩薩半跏像
(平成24年作)
今回の作品は地蔵では珍しい半跏像ですが、昭島の阿弥陀寺から依頼されました。本体と台座(返り花まで)を一木で彫りあげました。

白檀阿弥陀三尊像
(平成23年作)
6年ぶりに白檀の作品に取り組みました、手本は法隆寺の「橘夫人念じ佛」ですが、光背と天蓋を透かし彫りの意匠としました。白檀材は小さいため光背だけは一木では出来ず、薄い白檀材のはぎ付けに苦労しました。


釈迦涅槃像
(平成22年作)
多くの弟子や侍者が駆けつけた釈迦涅槃像は仏画では多く見られますが、木彫の作品は見たことがないのでこのテーマに挑んでみました。材料はカヤですが、丸彫りにこだわったため非常に苦労しました。

風神・雷神像
(平成21年作)
 風神雷神像を桐の一木で彫像しました。
 今回のように一木で深彫りするには、軽くてやわらかな桐材が適していると思い、使用しました。




薬師如来立像
(平成20年作)
 武蔵野市の延命寺より依頼されたニ尺の薬師如来立像を、寄木造り、玉眼入りで彫像しました。仕上げは総金箔、本体と蓮華座のみ粉溜仕上げ(金箔の上に金粉を蒔く仕上げ)をして、その上に截金を施しました。

佛龕<仏界>
(平成19年作)
 以前より透かし彫りの仏龕を作りたいと思っていましたが、 私が今までに手がけた主な仏像の総集編のミニチュア版と いう形で、実現できました。


執金剛神
(平成18年作)

二十七面千手観音
(平成17年作)

妙見菩薩立像
(平成16年)

馬鳴菩薩立像
(平成15年作)
玉依姫命坐像
(平成14年作)
 白檀孔雀明王
(平成13年作) 
 馬頭観音坐像
(平成12年作) 
 慈母観音立像
(平成11年作)

 白檀如意輪
観音半跏像

(平成10年作)
 四天王立像
(平成 9年作)


白檀聖観音立像
(平成 8年作)

 倶利伽羅不動
明王立像

(平成 8年作)

 白檀釈迦如来
坐像

 (平成 7年作)

十二神将立像
(平成 6年作) 

地蔵菩薩立像

(平成 5年作)


白檀十一面観音
立像 

(平成 4年作)

吉祥天立像
(平成 3年作)

釈迦十大弟子立像
(平成 2年作)

薬師三尊像
(昭和63年〜
平成 元年作)

聖僧文殊坐像
(昭和62年作)


七福神
(昭和61年作)

釈迦如来坐像
(昭和60年作)

文殊菩薩像(倚獅)
(昭和59年作)

普賢菩薩像(倚象
(昭和58年作)

仁王立像
(昭和57年作)


千手観音坐像
(昭和56年作)

毘沙門天立像
(昭和55年)

阿弥陀如来立像
(昭和54年作)
などなど遡り・・・
12歳のとき
初めての仏像彫刻
白衣観音



トップページにもどる