タイトルイメージ 本文へジャンプ

品川シーサイド

りんかい線が通っているのでアクセスは抜群。さらに大型ショッピングゾーンもあります。
華は無い?かも知れませんが、便利で最も新しい街をご紹介します。

> 主なスポット <
品川シーサイドフォレスト(オーバルガーデン や ジャスコ等)
東京電力火力発電所
品川清掃工場(旧:大井清掃工場)
鮫洲運転免許試験場
大井埠頭北ふ頭橋
その他の見所

品川シーサイドフォレスト(オーバルガーデン や ジャスコ 等)

2004.9.19撮影
お勧め度 ★★★★☆

JTの工場跡地に造りはじめた街ですが、ようやく全部のビルが開業します。都心近くにしてはかなり大きめのイオンがあるので、休みの日も人と車で混雑します。
ちなみにジャスコで買い物するなら火曜日の特売日がお勧めです。大森駅や品川駅付近からは送迎バスも出ています。

りんかい線 品川シーサイド駅 徒歩0分
・地図・

2010.5.6撮影
京浜運河から見たシーサイドフォレストです。モノレールが脇をかすめます(品川シーサイドにモノレールの駅はありません。天王洲アイルが最寄り駅になります。)
左端の丸屋根の建物は東京都立産業技術高等専門学校です。

・地図・

2004.11.13撮影
シーサイドフォレスト中庭の夕暮れの眺めです。
オーバルガーデン(正面の丸屋根部分)は専門店街なので賑やかですが、オフィスビル寄りのこの辺りは静かです。ベンチなどの座るスペースは沢山用意されていますので、一休みにも最適です。
植え込み内の照明やビルエントランスの青い照明がなかなか良い雰囲気です。

2004.10.14撮影
京浜運河緑道公園(八潮編参照)からの夜景です。一部のビルは入居がこれからのため、窓の灯りも今は少し寂しい感じです。
最近新たにビル2棟の工事も始まり、まだまだ変化し続けていくようです。

・地図・

2005.1.17撮影
オーバルガーデンの夜景です。
クリスマスシーズンには赤と青のイルミネーションが飾られていたツリーには、冬バージョンの白いイルミネーションが施されました。
なお、ガーデンを囲む専門店街には100円ショップやファストフード店、ジーンズショップなど手頃な店が多く入っているので気軽に利用できます。

2005.1.22撮影
オーバルガーデンでは週末にイベントが毎週のように催されていますので、買い物等のついでに覗いてみては如何でしょうか。
写真は、“日本最速のレーシングドライバー”と言われる本山哲さんのイベントの様子です。

2005.5.16撮影
品川はスイスのジュネーブと姉妹都市です。
19世紀中頃に紛失した品川寺(ホンセンジ)の梵鐘がジュネーブのアリアナ美術館に所蔵されていたことが20世紀はじめに発見されたそうで、そこから友好関係がスタートしました。 この花時計もその一環としてつくられました。

2005.11.26撮影
ジュネーブ広場の花時計を中心にした2005クリスマスイルミネーションです。
ブルーのイルミネーションが効いています。

2005.11.26撮影
オーバルガーデンの2005クリスマスイルミネーションです。ガーデン内のすべての木に電飾が施されます。
買い物で疲れたら、また、レストランでおなかいっぱいの夕食の後に、この夜景に癒されてください。

2004.12.8撮影
オフィス棟の中庭の2005クリスマスイルミネーションです。並木は白色、植え込みは多色のランプが敷きつめられており、まさに「光の絨毯」です。

2004.12.18撮影
京浜運河側から見た夜景(2004)です。
まだ入居が始まっていないオフィスを使ってツリーのイルミネーションが出現しました。2004年限りの眺めかもしれませんよ。
手前を横切るのは屋形船です。

2005.1.1撮影
2005年新年のイルミネーションです。
「SST」とは「品川・シーサイド・タワー」の頭文字のようです。

2005.1.22撮影
ホテル・サンルートの16階ロビーからの眺めです。
ここからは東京港越しに東京湾が望めます。昼は喫茶しながら、夜はお酒を飲みながらこの景色が楽しめます。なお、今年の正月には初日の出を見るイベントが催されました。

2005.2.14撮影
イオンです。手前に写っているのはジャスコの無料送迎バスで、品川駅から大森駅にかけての海寄り一帯を一日中走り回っています。
数年前までのこの一帯はスーパーと言えば八潮パークタウンのダイエーだけでしたが、最近では大型店が次々と進出して激戦模様です。
東京電力火力発電所

2004.9.19撮影
お勧め度 ★★☆☆☆

赤白色の煙突が大井火力発電所、青白い煙突が品川火力発電所です。それぞれ大井埠頭と品川埠頭に設置されています。大井発電所では品川発電所と組合わせで見学会が随時開かれています。

都営バス 大井火力発電所 徒歩3分
・地図・

2005.7.16撮影
見学会以外にも年に数回、地元への一般公開が行われます。
工場緑化で表彰された事がある構内は、緑でいっぱいです。公開日には、この森で「自然観察会」も開かれます。
森の向こう側には天王洲アイルのビル群が頭をのぞかせています。

2004.10.6撮影
品川・大井の各埠頭完成に合わせるように、品川発電所は1950年代から、大井発電所は1970年代から運転を始めています。
品川発電所は昨年から3度目の新装運転を始めましたが、最新式のガスタービン発電機の能力は旧品川発電所の3倍もあるそうです。これで電力不足も心配無用になるかも知れません。(写真は品川火力発電所です。)

2005.7.16撮影
品川発電所も大井発電所にあわせて公開されます。
見学者向けにショールームも完備されており、東京電力キャラクターの「デン子ちゃん」とのプリクラ撮影会も行われます。
品川清掃工場(旧:大井清掃工場)

2012.3.30撮影
お勧め度 ★☆☆☆☆

大井火力発電所と並んで1970年代から運転を始めた工場です。古い建物の骨組みを再利用して建てられた新工場は平成18年4月に完成しました。
都営バス 品川清掃工場 徒歩1分
・地図・
鮫州運転免許試験場

2004.9.21撮影
お勧め度 ★☆☆☆☆

数年後には試験場の海側に海岸通りが伸びてくる予定ですが、試験場自体が移転を予定している為ここも再開発されて大きく変わるのかもしれません。

都営バス 東京運輸支局 徒歩2分
・地図・

2005.6.26撮影
この辺りの海岸通りにはヤマモモの木が並木として植えられています。
初夏になると実がたくさん歩道に散らばっています。摘み取ればジャムにでも出来そうな程です。
大井埠頭北ふ頭橋

2004.9.19撮影
お勧め度 ★★★★☆

大井埠頭には展望するための高い建物がありません。そのため、この橋は貴重な展望スポットです。
眺めは360度。京浜運河・品川シーサイドフォレスト・品川インターシティ(写真左端のビル群)・天王洲アイル(写真右寄りのビル群)・レインボーブリッジ・東京電力発電所・湾岸高速東京港トンネル・お台場・大井埠頭のクレーン・大井清掃工場・八潮パークタウン・・・どれもみんなこの橋から見える景色です。

※すぐ隣の八潮北公園無料駐車場が便利です。
都営バス 大井清掃工場 徒歩0分
・地図・

2004.10.1撮影
橋は東西に長いため見る場所によって景色が変わります。この夜景は上の写真より東寄りの位置で写したものですが、ビルの間には東京タワーも見えます。(撮影日からは冬バージョンのライトアップになっています。)

2004.9.23撮影
大井埠頭のコンテナクレーン越しに見る東京港とお台場の眺めです。
正面に見えるのは船の科学館です。

2004.10.7撮影
建物ばかりでなくモノレール、飛行機、運河の船、そして写真のように新幹線も見ることができます。

2004.10.7撮影
橋の中程の陸橋部分には更に歩道橋が架けられています。地上からは結構な高さになるため、見晴らしは抜群です。
このホームページで使用している写真の中にもここで撮影したものがたくさんあります。
その他の見所

2012.2.24撮影
バンダイナムコゲームスビル

台形をしている個性的なビルですが、それもそのはずで数年前までは松下電器のショールームとして使われていました。中央のガラス部分は今でも吹き抜けを残したままで大きな空間が広がっています。是非また何かのイベントを催して欲しいですね。

・地図・

2004.9.15撮影
八潮橋

シーサイドフォレストと八潮パークタウンを結ぶのがこの橋です。八潮側に渡り切ると京浜運河緑道公園(八潮編参照)にも出られます。品川からのバスはこの橋を渡って運河を越えてゆきます。
りんかい線開通時にはエレベータが取り付けられて便利になりましたが、もともとは八潮パークタウンの地下を電車が通る話があったそうなのでエレベータだけでは納得できない人も多いようです。
写真中央の船はしながわ水族館から戻ってきた水上バスです。

・地図・

2010.6.5撮影
上の写真と反対を向いた時のアングルです。
八潮橋が品川シーサイドフォレストに突き刺さるように見えます。なかなか都会的な眺めです。
なお、八潮橋の下には首都高速横羽線、東京モノレールが走っています。
ページ頭へ トップページへ
Copyright(c)2004,Breeze