タイトルイメージ 本文へジャンプ

八 潮

大井埠頭一帯を八潮と言います。誕生から20年以上経過して公園の緑も豊かになってきました。
都心近くにありながら、意外と静かで気候も穏やかなエリアをご紹介します。

> 主なスポット <
八潮パークタウン
かもめ橋
京浜運河緑道公園
大井ふ頭中央海浜公園
大井中央陸橋
みなとが丘ふ頭公園
大井コンテナ埠頭

八潮パークタウン

2004.9.15撮影
お勧め度 ★★★☆☆

大井埠頭の中で唯一の住宅街です。1980年代から街がスタートして20年以上経過しました。10年くらい前は子ども達がいっぱいだったようですが、今では落ち着いた街になっています。
給湯や空調の熱は隣の清掃工場の余熱で賄っていたり、電線は全て地中に埋められていたり、車道と歩道が分離されていたりと今でも充分に先進的な街です。
(住む所としての評価:★★★★★)

都営バス 八潮パークタウン 徒歩0分
・地図・

2004.9.16撮影
外からではわかり難いですが、団地内は高層・中層・低層の建物が組み合わされて複雑になっています。
小学校や中学校も複数校、消防署や区役所の出張所、図書館やスーパー、医療エリアもあるので団地の中だけで一通りの生活が出来てしまいます。

2004.9.16撮影
街が誕生して20年も経つと、今ではこんな趣のある一角も見られます。

2004.11.3撮影
区役所の出張所などが入った地域センターです。
秋には絡みついたツタの葉も色付きます。

2005.1.21撮影
高層棟のお宅からからの眺め−1

北には、京浜運河対岸の品川シーサイドフォレスト天王洲アイルが間近に見えます。

2004.9.16撮影
高層棟のお宅からからの眺め−2

東には、湾岸高速道路、新幹線基地、貨物ターミナル、大井埠頭、お台場などが間近に見えます。

2004.9.16撮影
高層棟のお宅からからの眺め−3

南に大きく広がる緑の一帯は、大井ふ頭中央海浜公園です。

大井ふ頭中央海浜公園を含んだお勧めの散歩コースはこちらから。

2004.9.16撮影
高層棟のお宅からからの眺め−4

西には大井ふ頭中央海浜公園の向こうに大井競馬場が見えます。

2004.12.17撮影
高層棟のお宅からからの眺め−5

冬の天気の良い日には西に富士山が見えます。

2004.1.5撮影
高層棟のお宅からからの眺め−6

お正月は一年のうちでも最も空気が澄んでいます。
そのため、夕暮れには赤富士も拝めますよ。

2004.5.5撮影
毎年、こどもの日が近づく頃になると、団地内の一角の空に沢山の鯉のぼりが泳ぎます。

2005.7.16撮影
毎年の夏に恒例の「八潮まつり」です。
団地全体参加で盛大に行われます。

2005.7.16撮影
「八潮まつり」の夜のメインイベントは打ち上げ花火大会です。
団地内の学校校庭から打ち上げられる花火は、目の前で展開されます。迫力満点!ですよ。

2004.11.27撮影
今ではすっかり根付いた秋の“伝統”行事の一つ「やしお鍋」です。子どもたちが団地内の多くのお宅から頂いて来た材料を鍋にして団地内の皆で味わうイベントです。

2004.9.10撮影
団地内のグルメシティ(ダイエー)です。
数年前までは徒歩圏の大型スーパーはここだけだったそうです。(今でも大井埠頭内では貴重な買い物スポットです。)
開設当時は宝飾店も入っていましたが、今ではシーサイドフォレストにイオンが開店したり大井町駅周辺も充実し、住民には便利になりました。
(競争も激しくなり、老舗ダイエーは、スーパーバリュー」に改装されました。)

・地図・

2009.11.15撮影
グルメシティの屋上にはフットサルコートが4面あります。
ナイター照明も完備しており、夜遅くまで賑わっていますよ。

2005.4.8撮影
大井ふ頭緑道公園

八潮パークタウンは西側が京浜運河(京浜運河緑道公園)に面していますが、残りの面も緑道公園に囲まれています。
造成から20年以上経った今、園内は樹木が生い茂り、ここが埠頭埋立地内であることが不思議なくらいです。
京浜運河緑道公園とあわせてパークタウン一周の散歩はいかがですか?

・地図・
かもめ橋

2004.10.2撮影
お勧め度 ★★★☆☆

京浜運河を渡る歩行者専用の長さ約170メートルのつり橋です。車を気にせずゆったり渡れますし、途中にはベンチが置いてあるので運河を眺めて休憩する事もできます。
運河の上は風の通り道なので、天気が悪い時には吹き飛ばされそうになる事もありますのでご注意ください。

※ダイエーに無料駐車場(時間限定付)があります。
都営バス 八潮パークタウン 徒歩2分
・地図・

2004.10.15撮影
橋の北側の眺めです。勝島運河(勝島・平和島編参照)が合流する部分にあたるため運河の幅が広くなっています。左側のビルは品川シーサイドフォレスト、中央の煙突は品川火力発電所です。
再開発の波はこの辺りで一段落しますので、南側を振り返ると倉庫街の眺めに一変します。

2004.10.10撮影
曇りの日の かもめ橋からの夜景です。屋上ネオンサインの青白い光や埠頭のオレンジ色の光が低い雲に反射して斑模様になっています。写真では伝わりにくいですが、とても幻想的な眺めです。
正面奥にはレインボーブリッジも見えます。

2009.8.8撮影
かもめ橋からも東京湾大華火祭を見ることが出来ます。
京浜運河の潮風を受けながらの花火鑑賞は最高です。
京浜運河緑道公園

2004.10.15撮影

お勧め度 ★★★★☆

大井埠頭の北端(天王洲の近く)から始まり、八潮パークタウンの南端までの約2キロの緑のベルト地帯です。ここは松や柳が生い茂っています。朝はマラソンする人たちや犬の散歩で結構賑わいますし、日中は釣り糸を垂れる人がたくさんいます。

※八潮北公園無料駐車場やダイエー八潮店駐車場(時間限定付き)が便利です。
始点:都営バス 大井火力発電所 徒歩1分
・地図・

2004.9.19撮影
八潮パークタウン脇の一帯は幅が広く作られています。水際まで近づけるように一段低く整地されている部分もあります。

2005.1.13撮影
夏の木陰の散歩も爽快ですが、冬の冷たい空気の中の散歩も気持ちが良いものですよ。

2004.12.10撮影
夏の間は濁っていた運河の海水も冬の間は意外なくらいに澄んでいます。真っ青な空とのコントラストがとても映えるので、緑道散歩も快適です。

2004.1.5撮影
冬の運河は渡り鳥で賑やかです。写真はユリカモメの群れです。
なお、奥を走るのは東京モノレールですが、40年前の開業時の色に塗られた特別電車です。

2004.10.7撮影
春や秋には芝生の上にお弁当を広げたり、宴会を楽しんでいるグループをたくさん見かけます。
対岸にはモノレールが頻繁に行き来していますし、運河にも多くの種類の船が往来しますのでぼんやり眺めていても飽きることがありません。

2009.7.5撮影
運河沿いには親水スペースが作られています。
天気の良い日には水辺近くで憩う人たちが見受けられます。ハゼ釣りをする人も居ますよ。

2004.9.13撮影
八潮パークタウンに近い京浜運河沿いは高い建物がありません。そのため、写真のように運河に夕日が沈む場面も楽しむことができます。
大井ふ頭中央海浜公園

2004.9.16撮影
お勧め度 ★★★★★

大井埠頭の中央部一帯に大きく広がる緑の公園です。野球場やテニスコート、陸上競技場などプール以外のスポーツ施設は整っていますが、その他にも釣り・花見・野鳥観察ができたり、最近ではドッグランも加わりました。(Link

※有料駐車場があります。
京浜急行バス 中央公園 徒歩1分
・地図・

2005.4.10撮影
中央公園バス停から入ってすぐの所が「さくら広場」です。芝生広場を桜並木が横切っています。両側の芝生エリアは緩やかな丘になっているので、どこからでも桜並木の全景が楽しめます。
児童遊具や滝のある流れもあるのでさくらの季節以外でも充分楽しい場所です。

2004.10.7撮影
公園の運河側半分は「なぎさの森」エリアです。森の運河沿い一帯が大きな岩の海岸「しおじ磯」エリアです。休日には家族連れで、平日も常連の釣り人で賑わっています。
なお、なぎさの森には野鳥観察エリアがありますが、ここはカラスが多いように感じます。野鳥観察ならもう少し足を伸ばして東京港野鳥公園がお勧めです。

2004.9.17撮影
公園内には広い芝生広場もあります。マットを広げてごろ寝をすれば視界いっぱいに大空が広がります。お弁当を食べに来るだけでも楽しいですよ。
公園脇は湾岸道路なのですが公園が広いために意外にも音は届いて来ません。ゆったりと過ごせますよ。

2004.9.17撮影
公園奥には「せせらぎの森」があります。公園開設前に残っていた水溜りを活用して作られたエリアで、中央の池ではザリガニも釣ることができます。(池の水は自然に循環・ろ過されているので淀んではいません。)
写真を写した日は雑草刈りの直後だったのですが、普段は背の高い草がたくさん茂っています。
せせらぎの森の脇は大田スタジアムです。

2005.2.13撮影
ドッグランのコーナーです。園内での犬の放し飼いが禁止のために、このコーナーはいつも賑わっています。
ちなみに、写真撮影時には毎月開催の“犬のしつけ教室”が行われていました。(「伏せ」の練習中です。)
大井中央陸橋

2004.9.17撮影
お勧め度 ★★★☆☆

大井埠頭の真ん中を東西(みなとが丘ふ頭公園〜八潮パークタウン)に横断する約1kmの長い橋です。りんかい線車庫、JR貨物ターミナル、新幹線基地、湾岸道路をひとまたぎしています。乗り物好きのお子様には(もちろん大人も)たまらない場所でしょう。

※みなとが丘公園側の無料駐車場が便利です。
始点:都営バス みなとが丘ふ頭公園 徒歩2分
・地図・

2004.9.17撮影
橋は南北に伸びる車庫や道路の中央部分を東西に横断しています。そのため、どちら側の歩道から下を覗いても車庫やターミナルを見ることができます。
但し、橋の途中には横断歩道がありませんので両歩道からの眺めを楽しもうと思う方はかなり長く歩くことになります。

2004.9.17撮影
新幹線基地をまたぐ部分の一部には最近になって幕が張られてしまいました。その為、しばらくは新幹線を真上から見下ろすことが出来ません。写真のように、少し離れた所から基地を覗くことはできます。

2004.10.7撮影
とても長い橋ですが、残念ながら橋自体は殺風景なもので休憩する所もありません。途中、橋下にコンビニが見えますが一般の人は利用できないようなので注意しましょう。(降りて行こうとしたら呼び止められてしまいました・・・。

2004.11.27撮影
埠頭一帯には視界を遮る高い建物が無いため、橋の上で見る“日の出”や“夕日”もお勧めです。(都心に近い場所で日の出や夕日が見られるのも珍しいのではないでしょうか。)
写真は夕暮れの様子ですが、ほぼ地平線の高さに沈む夕日が見られます。

2004.12.30撮影
冬の晴れた日には富士山もクッキリ見えます。
みなとが丘ふ頭公園

2004.9.17撮影
お勧め度 ★★★☆☆

大井中央陸橋を渡りきった所にある公園です。八潮パークタウンからも離れているため、平日・休日とも混む事はありません。
休日は公園を中心にして自転車競技の練習をする人達が目立ちます。休日の埠頭は閑散としているので、広い道で自転車を走らせるのは気持ち良さそうです。

※無料駐車場があります。
都営バス みなとが丘ふ頭公園 徒歩0分
・地図・

2004.9.17撮影
園内には洋風庭園や散策路、池、丘などがあり散歩にはお勧めの公園です。整備も行き届いているので写真のように噴水の水もとてもきれいです。
羽田を発着する飛行機も見えるので大井中央陸橋と組み合わせなら子ども達も喜ぶでしょう。

2005.1.30撮影
噴水脇の階段を頂上まで登りきると、大井コンテナ埠頭が一望できます。公園のすぐ先には船の積荷のコンテナの山が見えます。

2004.10.24撮影
秋には紅葉も見られます。見ごろは11月中旬でしょう。
写真撮影時には池の回遊路沿いの一部で色付き始めていました。
大井コンテナ埠頭

2004.9.19撮影
お勧め度 ★☆☆☆☆

隣の品川埠頭のようにレインボーブリッジやお台場(品川埠頭編参照)が見えたりしないので華やかさは少ないです。
岸壁には18基の大型クレーンが2km.に渡って並んでいますので夜はクレーンの照明が空をオレンジ色に染めてとてもきれいです。(Link

都営バス 4号バース下車
・地図・

2004.10.1撮影
夜景です。写真撮影日は残念ながらクレーンが数基しか動いていなかったため、空がオレンジ色に染まるほどの夜景ではありませんでした。

2004.9.16撮影
八潮パークタウンからの眺めです。手前から新幹線基地、貨物ターミナル、そしてコンテナ埠頭手前の緑の一帯がみなとが丘ふ頭公園です。

2005.2.13撮影
休日の埠頭内は車が殆ど通りません。
そのため自転車競技の練習が盛んに行われています。
練習を見学して気がつきましたが、練習路は信号で止まる事をできるだけ避けるように工夫された設定になっているようです。
ちなみに、写真背景は「りんかい線」の車庫です。
ページ頭へ トップページへ
Copyright(c)2004,Breeze