2007.10.22 UPDATE

スイス狭軌私鉄1991

Schmalspurbahn in Schweiz 1991



RhB ミニ・クロコダイル Ge6/6 414 Samedanにて     

スイスの国土面積は九州と同じくらい。
 その国土には国鉄(SBB)の主要鉄道網が形成され旅客や貨物輸送の重要な位置づけとなっ
ている。この国鉄と同じ標準軌の私鉄も各地に存在し、色とりどりの客車が国鉄と相互乗入れ
が行われている。
 その他に地方都市やその周辺に点在する集落を結ぶ手段として、或いは立派な幹線級とし
ても約50社の狭軌私鉄がみられる。
 スイスの狭軌私鉄の面白さは各私鉄ごとの個性にある。路面電車やインターアーバン、有名
な登山鉄道や幹線クラス。正に「様々」である。
 何れの鉄道も「精密機械の国、スイス」らしく技術的にも興味深い電車が行き届いた整備環
境のもと、正確な時刻で運行されている。
 この頁では1991年に訪ねた私鉄からご紹介する。なお、掲載の私鉄名は1991年当時のもの
で、その後の経営統合で名称の変わった路線がある。

AB
スイス東北部に「H」型の路線網を持つ私鉄Appenzellerbahn(アッペ
ンツェル鉄道)。
RhB
Berninabahn
申すまでもなくRhaetischebahn(レーティッシェ鉄道)は氷河急行や
ベルニナ急行を走らせる鉄道として有名。
ここではベルニナ線を中心にご紹介する。
RhB
Filisur-bf
RhBの本線Chur(クール)から St.Moritz(サン・モリッツ)へ向かう中間駅でDavos(ダヴォス)線が分岐しています。模型レイアウトに好適な構内の情景をご紹介する。
YSteC
スイス西部にある村Ste Croix(サン・クロワ)へ向かう小私鉄。
BVB
スイス南西部Bex(ベー)からスキー保養地を結ぶ小私鉄BVB。
etc
上記私鉄のほか僕が訪ねた私鉄をダイジェスト的にご紹介する。

※ドイツ語標記のウムラウト(a、e、uの上に点2個)は標記できないので、この部分はeを組み合わせています。


HOME