台湾鐵路局 夜の嘉義駅

嘉義站夜景
Taiwan Chia-i bhf


台湾中西部に位置する鉄道の要衝 嘉義駅。
森林鐵路阿里山線が接続するこの駅は、古くから日本の鉄道ファンにとっても馴染み深い駅
です。
1980年代まで残っていた構内西側の台糖線側線群は既になく、また近年の通勤型電車大量
進出で、構内南側にあっ
た扇形庫が撤去されて電車が居並び、構内の雰囲気は大きく変わりました。
しかし、昔からの駅舎は健在で、それに続く第一月台の鉄骨大上屋も以前と変わらぬ雰囲気
です。
ここでは夜の情景をバルブ撮影したネガからご覧頂きます。

2004年1月撮影。
機材
NIKON F2、Ai AF Nikkor 24mmF2.8


下り自強號到着 

3個の前照灯を光らせて下りの自強號がやって来ました。
幹線の主力優等列車とあって長大な編成です。
まだ比較的新しい車輛なので新幹線開業後の動向が注目されます。 
 
------------------------------------------------------------------------------
  
キョ光號も進入

自強號に続いてキョ光號もやって来ました。
やはり機関車の牽かれた客車列車の方が絵になります。
客車の車窓から柔らかい光が漏れていました。

注:「キョ」の字は、草冠に「呂」と書きます。
 
------------------------------------------------------------------------------
  
電留線の100系電車 

自強號のパイオニア的存在100系「英國婆」が室内灯を点して留置されていました。
その横を入換作業中のディーゼル機関車R150型がゆっくり通り過ぎます。 
 
------------------------------------------------------------------------------
  
帰宅を急ぐ客を乗せて 

夜も更けてきました。
家路を急ぐ客らを乗せて電車が発車を待っています。 

------------------------------------------------------------------------------
 
キョ光號がホームに滑り込む 

薄暗い大屋根の下、下り列車が到着しました。
電気機関車の前照灯がスーッと流れ、後に客車の車窓が続きます。 
 
------------------------------------------------------------------------------
 
上り列車発車

森林鉄道阿里山線の乗り場横で上り列車を撮りました。
温暖な台湾でも1月の深夜となると薄ら寒くなります。
僕は このあと三脚をたたみ裏町の宿へ戻りました。 


HOME