和田山のDD54

JNR DD54型柴液車 於和田山機務段
JNR Diesel-lok DD54


国鉄ディーゼル機関車史上で、「美しくも短命」の機関車といえばDD54型でしょう。
DD54型の第1号機が誕生したのは1966年。B-1-Bという独特な車軸配置の箱型車体で、西ド
イツ(当時)との技術提携で開発された機関・液体変速機を搭載しており、先進的な機関車でし
た。
車体デザイン面でも西ドイツの影響が見出せ、その洗練されたデザインは鉄道ファンを魅了し
ました。
その後設計を変更しつつ第4次車まで、計40輛が製造され、折からの無煙化計画にのって福
知山周辺の亜幹線などで活躍をしました。
しかし機関の故障、推進軸の折損脱落など重大な故障が相次ぎ、期待された活躍は長くあり
ませんでした。
ここでは播但線の山陰口、和田山機関支区にいたDD54型の情景を中心にご紹介します。
1977年3月撮影。



レンガ造の機関庫前で憩うDD54 
高校2年生の春休みにDF50を求めて山陰本線米子方面へ出掛け、その帰途憧れのDD54に
会えました。
特徴ある前面を機関庫と並べて撮りました。 

-----------------------------------------------------------------------------


機関庫の裏手に回れば
機関庫の中ではもう1輛のDD54がDE10と共に休んでいました。
この機関庫は今でも健在でしょうか? 

------------------------------------------------------------------------------

 
機関庫内にて
機関庫は静まりかえっていました。
外部からの光がDD54の前照灯に反射し、動物の目のようでした。

------------------------------------------------------------------------------


播但線普通列車に立つDD54  
和田山駅のホームに到着したDD54。
DD54は速やかに開放され、機関支区へ転線して行った。 

------------------------------------------------------------------------------

 
33号機が入庫
播但線の客車列車を牽いてきた33号機が開放されて入庫しました。
背後には蒸機時代の給水塔が見えます。 

------------------------------------------------------------------------------


ドイツ国鉄のDL  
(西)ドイツ型DLの写真をお目にかけます。
写真の機関車はドイツでは標準的なタイプでBR215、BR216、BR218型他数形式があります
が、デザインは大体共通です。
これらはDD54が製造された時代の機関車で、雰囲気がとてもよく似ています。
Aalen-bhf 1989年4月撮影。 

------------------------------------------------------------------------------

 
デザインでは2次車が白眉
1次車は前照灯がオデコ、2次車では腰部分になり、3次、4次は正面窓がHゴムです。
それぞれ味わいがありますが、意匠面ではやはり2次車が良いでしょう。 

------------------------------------------------------------------------------


よいですね!この表情!  
きりっとしたこの表情、国鉄箱型ディーゼル機関車中最高傑作の意匠でしょう。
今以て新鮮さを与えます。
福知山機関区にて。 

------------------------------------------------------------------------------


HOME