高千穂鉄道(旧高千穂線・延岡-高千穂50.0km) 
 延岡と熊本県の高森を結ぶ目的で計画されたが、日ノ影まで開業したところで戦争により中断、1972年になってようやく高千穂まで延伸した。残る高千穂〜高森間も1973年に着工したが、トンネル内の異常出水事故により工事が中断、結局再開することはなかった。存廃の基準となる輸送密度は1350人で第2次特定地方交通線の基準を満たし、1989年4月に第三セクターの高千穂鉄道に転換した。しかし2005年の豪雨によって多くの橋が流されて運行休止、そのまま復旧することなく廃止に追いこまれている。トロッコ鉄道として一部復活される計画もあるようだが、まだ実現していない。
  1935.2.20 日ノ影線延岡〜日向岡元間開業
  1936.4.12 日向岡元〜川水流間開業
  1937.9.13 川水流〜槇峰間開業
  1939.10.11 槇峰〜日ノ影(のちの日之影温泉)間開業
  1972.7.22 日ノ影〜高千穂間開業、高千穂線と改称
  1984.6.22 第2次特定地方交通線として廃止承認
  1989.4.28 第三セクターの高千穂鉄道に転換
  2005.9.6  災害により全線運休
  2007.9.6  延岡〜槇峰間廃止
  2008.12.28 全線廃止

 乗車したのは第三セクター転換の1ヶ月前にあたる1989年3月。ほとんどの区間が五ヶ瀬川に沿う景色の良い路線で、高千穂橋梁の上では徐行してくれるというサービスもあった。
   1937 1949 1956 1960 1965 1970 1973 1977 1980 1983 1986
 輸送人員(千人/日) 0.6 3.0 3.4 4.0 4.2 2.5 3.3 2.9 2.4 1.8 1.6
 輸送密度(千人/日) 0.3 1.3 1.6 1.8 2.0 1.3 1.4 1.4 1.2 0.9 0.8
 貨物輸送量(万t/年) 6.4 7.8 11.2 10.9 7.7 2.9 1.3
1989.3 高千穂鉄道延岡駅(工事中) 1989.3 川水流駅
1989.3 高千穂橋梁
1989.3 高千穂駅 1989.3 高千穂駅
 廃線跡の訪問は2010年。休止から5年、槇峰までの廃止が決まってからでも3年たっているが、どの駅も現役時代の雰囲気を残している。とくに上崎駅が印象に残った。  
2010.5 延岡駅高千穂鉄道ホーム跡@ 2010.5 西延岡駅跡A
2010.5 行縢駅跡B 2010.5 細見駅跡C
2010.5 日向岡元駅跡D 2010.5 吐合駅跡E
2010.5 曽木駅跡F 2010.5 川水流駅跡G
2010.5 上崎駅跡H 2010.5 上崎〜早日渡間I
2010.5 早日渡駅跡J 2010.5 早日渡〜亀ヶ崎間K
 槇峰を過ぎると、あちこちに残る橋梁が目につく・。最大の見所は第3五ヶ瀬川橋梁で、美しいカーブを描く橋はどちらから見ても印象的である。直線的な第4五ヶ瀬川橋梁もなかなか素晴らしい。  
2010.5 槇峰駅跡L 2010.5 槇峰〜日向八戸間M
2010.5 槇峰〜日向八戸間M 2010.5 日向八戸駅跡N
2010.5 第3五ヶ瀬川橋梁O 2010.5 第3五ヶ瀬川橋梁O
2010.5 吾味駅跡P 2010.5 吾味〜日之影温泉間Q
2010.5 第4五ヶ瀬川橋梁Q 2010.5 日之影温泉駅跡R
 影待駅は、集落から見上げるとはるか頭上の橋の脇にある。駅へ向かうとは思えない山道を登っていくと、トンネルの向こうにホームを見つけることができた。 
2010.5 影待駅付近S 2010.5 影待駅付近S
2010.5 影待駅付近S 2010.5 影待駅跡S
 深角のあたりでも、はるか高い所の橋は見つけたが、駅へ登る道は見つけられなかった。ここから3000m近い太平山トンネルを抜けたところに、高千穂橋梁がある。高千穂橋梁から高千穂駅までは、トロッコを運行する計画があるため、線路が残されていた。 
2010.5 深角駅付近 21 2010.5 深角〜天岩戸間 22
高千穂橋梁
2010.5 天岩戸〜高千穂間 23 2010.5 高千穂駅跡 24
 高千穂から高森へ向かう道路沿いに、「トンネルの駅」という道の駅のようなものがある。ここは、高千穂〜高森間の未成線のトンネル入り口で、一度も列車が走ることが無かったトンネルが残されていた。 
2010.5 トンネルの駅
未成区間のトンネル
2010.5 トンネルの駅に展示された車両
 細島線(日向市-細島3.5km) 
 細島港と日豊本線を結ぶ短い路線で、旅客営業廃止後も1993年まで貨物線として残っていた。
  1921.10.11 細島軽便線富高(現日向市)〜細島間開業(22.9.2細島線と改称)
  1972.2.1  客扱い廃止、日豊本線の支線となる
  1989.12.1 全線休止(93.12.1全線廃止)   
  1932  1937 1949 1956 1960 1965 1970
 輸送人員(千人/日) 0.3 0.3 0.6 0.5 0.5 0.4 0.1
 輸送密度(千人/日) 0.3 0.3 0.6 0.5 0.5 0.3 0.1
 貨物輸送量(万t/年) 14.8 28.3 13.9 31.7 31.5 17.4 9.7
 大部分の区間は立派な道路に変わっていて面影は全く無い。ただ、終点の細島駅だけはホームまでも残っていて、ここだけ時が止まっていたような感じである。 
2008.10 日向市付近 2008.10 細島駅付近
2008.10 細島駅跡
 妻線(佐土原-杉安19.3km) 
 もとは1913〜14年に開業した宮崎軽便鉄道の一部で、宮崎エリアでは日豊本線より歴史が古い。国有化後、宮崎〜佐土原間は日豊線の一部として分離し佐土原以遠はローカル線になった。湯前線の湯前と接続する計画もあったが、着工はされていない。第1次特定地方交通線となって廃止されたが、将来の復活にそなえて路盤は撤去されずに残すという協定が結ばれている。存廃の基準となる輸送密度は1217人であった。
  1913.12.15 宮崎県営鉄道宮崎〜福島町間開業
  1914.4.26  福島町〜佐土原(のちの西佐土原)間開業
  1914.6.1  佐土原〜妻間開業
  1917.9.21  買収、妻軽便線となる(22.9.2妻線と改称)
  1920.9.11  宮崎〜広瀬(現佐土原)間を日豊本線に編入
  1922.8.20  妻〜杉安間開業
  1981.9.18  第1次特定地方交通線として廃止承認
  1984.12.1  全線廃止
  1932  1937 1949 1956 1960 1965 1970 1973 1977 1980 1983
 輸送人員(千人/日) 0.7 0.9 2.7 3.0 3.5 4.6 2.9 2.5 2.3 1.9 1.5
 輸送密度(千人/日) 0.3 0.4 1.3 1.5 1.8 2.3 1.6 1.4 1.3 1.1 0.9
 貨物輸送量(万t/年) 3.9 6.2 4..6 6.7 11.1 9.3 11.3
 西佐土原までは廃線跡を見つけ損ね、その先妻までのサイクリングロードに転用された区間も、車でまわっているとなかなか近づけず探訪に苦労した。 
2008.10 西佐土原付近@ 2008.10 黒生野-妻間A
 妻駅跡はバスターミナルになっていて、鉄道の面影は無い。このあたりはサイクリングロードではなく、車道や駐車場になっている。
2008.10 妻駅跡B
左奥に伸びる道が廃線跡
2008.10 妻-穂北間C
 穂北のあたりは未舗装の道になっている。2本の轍となった真っすぐな道は鉄道の雰囲気がある。終点、杉安駅跡は広い空き地となっていてかつての賑わいが感じられる。ちょうど山と平野の境目にあたり、いかにも終着駅がありそうな地形である。
2008.10 穂北駅付近D 2008.10 杉安駅跡E
 日向軌道(杉安-二軒橋:1945廃止) 
 妻線の終点、杉安からさらに山奥へ伸びていた軌道で、なんといっても驚いたのははるか頭上にかかる吊橋である。軌道が通っていたとは思えないほど頼りなく、また廃止から60年以上を経て未だに存在しつづけているのも不思議で、カルチャーショックを受けたような感覚になった。日向軌道の終点、二軒橋の先にはさらに銀鏡軌道というものがあるのだが、日没で時間切れとなった。
2008.10 湯之内の吊橋F 2008.10G

宮崎県の廃線