キャリアな女のためのアメリカ大学院留学ガイド 25



アメリカの生活あれこれ 2

 

アメリカで運転免許を取る

 

およそアメリカに住む善男善女はみな車の免許をもっている。アメリカの電車やバスは不便なところが多いので、車は人生の必需品である。私のルームメイトのジャージー娘なぞ、生まれてから一度も州をまたがる電車に乗ったことはないと言っていた(ついでに彼女は魚を食べたこともなかった)。もっとも、ニューヨークだけは例外で、車では逆に身動きがとれなくなったりする。

 

東京はNYと同じで、車は必需品ではない。だから、私はアメリカに行くまで免許を持っていなかった。そこで現地で取得することにしたのである。

 

アメリカで免許をとるのはとても簡単だ。英語さえ必要ない。筆記試験は各国の言語でうけられたりする。巷の噂によると「免許取得を難しくしないように、車会社が政府に圧力をかけてるのさ」だとか。なるほど、国花がカーネーション(car-nation)だと言われるだけのことはある(←ここ笑いどころですよ)。

 

簡単だ、と言ったが、実は筆者が知っているのはマサチューセッツ(MA)だけである。免許の取得方法や試験は州によって微妙に違うらしい。他の週については、「MAよりもっと簡単だ」という噂を聞いたというだけのことなのでアテにしないでほしい。

 

以下、MAで体験した免許取得のプロシーシャーである(多少記憶違いがあるかもしれないし、制度が変わっているかもしれません)

 

・免許のオフィスに行く(ナントカof motor vehicle, オフィスの名前も州によって違うらしい)

・教本(試験にでる、道交法みたいなものが絵とともにかいてある)を受け取ってちょっと勉強する

・試験を受ける(その日のうちに、試験をうけてもいいし、まあ、出直してもいい。予約はいらない。試験は何か国語かで受けられるが、英語以外は紙だった。英語は端末で受けられる)

    試験内容は「@お酒を飲んで運転してもいいですか? (YESNO), Aちょっとなら飲んで運転してもいいですか? (YESNO)」というような感じ。半分くらいは常識でいける。あとは、スクールバスの近くを通るときの作法とか、消火栓の前に駐車してはいけないとか、そんなような質問があった。10問だか20問だかのうち7割正解すると合格だが、連続して全問正解すると、出題が全体の7割に達した時点で試験は終了し成績 「7/10」が証明される。間違っている。私の成績は7/10(=70%)ではなく7/7(=100%)だと思うんだが・・

    試験によって猿よりマシな頭である、という程度のことが証明されると、その場で仮免許がもらえる。その仮免許があると、なんと路上を走ることができる(!)

    アメリカに教習所はない。仮免許を持って路上で練習するのである。ただし、仮免の人は、隣にちゃんとした免許をもった人に座ってもらう必要がある。座れる人は何歳以上とか、免許取得後何年とか、制限がある。

    教習所はないが、この「隣に座る人」を仕事にしている人はいる。車で迎えに来てくれて、その車で運転させてくれる。一応ダブルブレーキになっている。私はそういうレッスンプロ(?)にお願いした。一時間20ドル、ガス代込。安い!講師は指名できる。私はある人物が気に入っていつも指名していた。寡黙で真面目、でもなんとなくイケテルオヤジだった。中にはまるで役立たずのにーちゃんとかもいるので、指名は重要だ。

    都合20時間くらい練習し、試験の予約。一か月くらいしてハガキが来るのでそれを持って試験場に行く。つまり、郵便物が受け取れる住所がないと、免許は取れない。

    試験は、前を見てまっすぐ走る+簡単なトリックがあった。「ここから最初に曲がれる角で右に曲がれ」という指示がでたのだが、最初の角の先は一方通行。ここで曲がって一通を逆走すると不合格になるらしい。それから、車に乗る前に、右カーブ、左カーブのハンドサインのデモンストレーションを求められた。アメリカにはウィンカーのない車でもあるのか?(ウィンカーのない車にはあたらなかったが、右側のバックミラーはオプションであり、ついてない車が多かった。私は今でも、助手席側のバックミラーは見ない^^;)

    街をくるっと一周して終了。手続きをして、20ドルくらい払って免許をもらうことができた。これで私もドライバー(車があれば)。

    免許は帰国後、日本の免許に書き換えた。これには日本で普通に免許をとるよりかなり簡単な実技試験(教習所を一周するだけ)があるが、私は3回も落ちてしまった。だって、アメリカの道は広いのに、日本の教習所の道ときたら信じられないくらい狭いんだもの。試験車はセドリックだったが、道幅のほうが車の幅より狭く見えた。いいのさ、右ハンドルの車なんか運転できなくても。

 

☆アメリカで免許をとって日本の免許に書き換えると、とってもお安く免許を手に入れることができます☆

 

 

 

 

HOMEに戻る       次へ

 

 

世界で生きる力――自分を本当にグローバル化する4つのステップ

世界で生きる力――自分を本当にグローバル化する4つのステップ (2010/11/23) マーク ガーゾン、Mark Gerzon

商品詳細を見る