写真館「ぱとろーね」
写真館「ぱとろーね」へようこそ。

当写真館には、フィルムカメラで撮影した写真たちが飾られています。

「ぱとろーね(パトローネ)」とは、35oフィルムの格納容器です。デジタル世代の方々の中にはご存じではない方もいらっしゃるかもしれませんね。

フィルムカメラでの撮影では、一枚撮影するごとにフィルムを巻き上げます。そうすると、次の撮影に必要な新たな未露光部分がパトローネから出てきます。これを繰り返し、すべてのフィルムを巻き上げ終えたら、今度はパトローネの中へフィルムを巻き戻します。巻き戻されたフィルムはパトローネによって感光を防止され、再びカメラから取り出すことができます。この状態のパトローネは、自分の大事なものが詰まった宝箱といったところでしょうか。

フィルムカメラで一枚一枚を大事に撮影すると、撮影した時の状況もしっかりと覚えているものです。フィルムで撮影した一枚は、まさに思い出の一枚なんです。そんな思い出の詰まった一枚一枚を飾る写真館の名前を考えたとき、「パトローネ」がピッタリかな?と思いました。カタカナだと少し硬い感じがしますので、ひらがなで「ぱとろーね」。

決して上手な写真ではありませんが、是非、当館にお立ち寄りいただければ幸いです。