総 務 部   会則 町会会則 (平成28年5月改定済み)


                                         平成29年 大井一丁目鎧町会定期総会                                                     
                                       (於;平成28年4月28日、品川区立中小企業センター3F大会議室)

           
         鶴見会長の挨拶           各部の事業報告             総会風景
           大井警察署 の 報告                                                   総会終了後の懇親会の様子
 
 鶴見町会長は総会の開催の挨拶の中で、 「鎧町もマンション化が進み新に多くの住民の方が
 増えています。従いまして新しい住民の方と従来からの住民の方達とのコンセンサスの取り方に
 一層の配慮をしていかなければならないと考えています、その為には従来の役員構成を考え直し
 運営方法も変えていかなければならないでしょう。皆様のさらなるご協力をお願いいたします」との
 お話が有りました。
 
 会議の冒頭に 大井警察生活安全課の金村様より 今だ無くならない「オレオレ詐欺」の実態と 
 詐欺被害をなくすための方法として「自動通話録音(警告)機」設置についての説明がありました。
 29年1月1日から4月25日だけでも、警視庁全体で16億円、 大井署管内で3件 1,192万円
 の被害があったそうです。「デパートの支払戻し、医療費還付金等の名目では絶対に電話はかか
 ってきません。かかってきたら特殊詐欺と疑ってください」とのことでした。
 詳しい話や「自動通話録音機」については、大井警察署 03-3778-0110までご連絡ください。 
 
 総会終了後に1Fの「蔵」において、会員相互の親睦を図るための懇親会がご来賓の方々と共に
 和やかに行われました。 懇親会の中で鶴見会長より、町会役員の三武さんがビル風の風害
 ついて 、「歩けないほどの風力をもったいないから風力発電に使えないか」との投書をしたところ
 東京新聞の目に留まり、コラムに取り上げられたとの報告があり(実際発電しているところが有る
 そうです)、「普段から街を見る力」が街をさらに良くしていくのではと話されました。





平成28年度 大井一丁目鎧町会事業報告 

各部の事業計画につきましては、各事業部のページでご覧下さ


 平成28年度は大きな事業として、会員の皆様の安心・安全な街づくりに絡む青少年の育成と 
 高齢者の集いの場『和み』の活用拡大に注力致しました。
 平成28年度の緊急事業として、従来借用していた町会倉庫の立ち退きの依頼が発生し、  
 緊急に町会倉庫を作る必要があり、品川区公園課並びに防災課にご協力を頂き、大井中央
 公園に町会倉庫を作成しました。




                   町会長・副会長等 諸会議・行事出席報告

 1、  品川区役所関係
  1.1  区政協力委員会関係、(4回・人)
  1.2  町会の在り方研究会、(3回・人)
  1.3  大井町駅周辺バリアフリー協議会、(4回・人)
  1.4  やさしい街づくり協議会、(1回・人)
  1.5  町会連合会、都市計画協議会、高齢者等知己見守り事業会議、地区防災協議会会長会議、品川区
     交通安全協議会(10回・人)、品川区生活安全会議、日本赤十字社東京品川奉仕団役員会、
      大井第二地区関係、町会連合会関係、地区活動会議、防火防災協議会関係(5回・人)、ふれあいサポート
      会議、青少年地区委員会関係、文化祭等、(35回・人)
  1.6  大井第二・第三地区関係、合同町会会議関係、区民祭り関係、防災訓練関係、(28回・人)
  1.7  大井地区関係、大井町会連合会議等、(10回・人)
  1.8  品川区町会塾参加、(1回・人)
   
 2、 大井警察署関係 
  2.1 防犯協会関係会議、関係行事、防犯パレード等(14回・人)、
  2.2 交通安全協会関係、関係会議、(33回・人) 
  2.3 大井警察署関連三団体関連会議、行事参加(3回・人) 
   
 3、 大井消防署関係
  3.1 防火防災協会関係会議、行事等、(6回・人)
  3.2 その他、(7回・人) 
   
 4、  山中小学校、伊藤学園
  4.1  入学・卒業・運動会並びに学校公開事業への出席・参加、(19回・人)
  4.2 伊藤学園地域懇談会、(6回・人) 
  4.3 山中小学校  避難所訓練会議、(22回・人)
  4.4 品川高齢者クラブ関係行事等、(1回・人)
   
   
                   合計206回・人の会義・行事に出席




平成28年度総務部事業報告


  総務部事業報告 
1、 平成28年4月11日   定例役員会 28年定期総会最終準備                                               
2、 平成28年4月28日   定例総会 出席者55軒、委任状283軒(総出席者数338軒
                33.0% 
3、 平成28年5月14日   定期役員会 28年度方針確認等 上期リクレェーション等
4、  平成28年6月11日   定期役員会 各部の行事予定の明確化 
5、  平成28年7月2日    大井第二地区区民祭り準備、 派遣要請役員(7名)
6、 平成28年8月6日    大井第二地区ふれあい盆踊り大会 派遣要請役員(8名) 
7、 平成28年9月3日    定期役員会 大井第二、三地区合同防災訓練、区民消火隊・
                ミニポンプ隊事前訓練、敬老祝い、鹿島神社秋季例大祭等
8、 平成28年9月24日   定期役員会 鹿島神社秋季例大祭準備確認、
                リクリエーション旅行等
9、 平成28年9月26日   大井第二、三地区合同防災訓練(58名参加)
10、 平成28年10月15日〜16日  鹿島神社秋季例大祭
11、 平成28年11月5日   定期役員会 歳末夜警 伊藤学園餅つき等
12、 平成28年12月3日   定期役員会 歳末夜警、29年新年会、 
13、 平成28年12月10日  伊藤学園餅つき大会 派遣要請役員(7名) 
14、 平成29年1月24日   新年会  50名参加 
15、 平成29年2月4日    定期役員会 28年度収支決算見込み、29年度方針等、29年
                定期総会開催予定等 
16、 平成29年3月4日    定期役員会 28年度内支払い等の確認。各部の来期事業計画
                                  依頼
17、 平成29年3月4日〜5日  大井第二地区文化祭 派遣要請役員(3名) 
その他:              平成28年小中学校新入生お祝い、(小学校:11名、中学校:
                   10名)、平成29年成人お祝い(8名) 



TOPへ
 






平成29年度大井一丁目鎧町会事業計画案
(平成29年4月1日〜平成30年3月31日)



    
平成29年度 大井一丁目鎧町会事業計画案

  品川区、大井警察署並びに大井消防署等の行政機関の最重点方針である『安全・安心な街づくり』への対応を町会の
 最重点 課題として運営してまいります。
  3.11の東日本大震災発生から6年が経過、昨年は隈本地震が発声するなど、ますます首都直下型地震、東南海地震
 の発生率の上昇が大きく取りざたされております。基本的には各地域ひいては、町会の自主的な対応が非常に重要な
 状況です。
  そのためには、町会活動への町会会員各位の積極的な参加と、いざという時に町会会員お互いに連絡をとれるように
 絆を深耕していきます
 @ 少子高齢化対策として、品川区からの要請である『ふれあいサポート』の行事を計画し、高齢者と子供たちの
    ふれあいを拡大する。
  A 安全・安心な街づくりのために、防犯カメラの増設・防犯・防火防災のための地区ごとのリーダーの養成を徹底する。
 B 住民にとってやさしい街づくりは、子供と高齢者が住みよい街であることを考え、いざ と言う時に連携を取れ、
    自助・共助を確実に実施できるようにする。
 C  品川区の条例で町会の区域に住居を構える方々は、町会自治会への入会を推進すようになりましたので、
    新加入の世帯を掘り起こす。
 D 品川区等行政との窓口となり、町会運営を吸うムーズになるようにする。

      総務部事業計画案

1) 地域社会の活性化と再生、発展のための事業を企画、実施する。
2) 子供から大人、高齢者までが参画出来る行事の募集を行い、参加者の拡大を図る。
   特に幼・小・中を育てる行事や高齢者等遠くへ出かけられない方々や、独居で引き籠りの方々に行事等を知ってもら
   えるようにする。 (例 春の花見祭り、スイカ割り祭り等)
3) 各部間に渡る業務のコーディネートを実施。
4)  『和み』での折り紙教室の充実を図るe
5) 品川区等行政との窓口となり、町会運営をスムーズになるようにする。


戻る





  平成29年新年会 
 於; 1月24日、品川区立中小企業センター 大会議室
    鶴見会長挨拶。        
  戦後の荒廃時は道路の整備もできていませんでした。 30年代に鎧町の半分が区画整理ができましたが残りができていないため
 火災に対して危険地帯となっていたのです。 現在では再開発等により道路の拡張も進み防災に対し強くなってきています。
  現在町会として21台の防犯カメラを設置しており、各企業様も防犯カメラを設置していただいております。これを更に増やすことにより
 犯罪件数も減り、より住みやすい、「安心、安全の街づくり」を行っていきたいと考えております。
 
  今、街の中で子供たちの遊ぶ姿がめっきり減ってきています、 昨年の町会に在住の小中学生は175名とのことでした。
 子供の人数は減る一方で高齢者は毎年増えています。これからは高齢者の方々に対する一層の援助と青少年育成の為の事業を推し
 進めていかなくてはならないと考えています。
  
ご来賓挨拶 
 (株)大井開発 総務部長 清水 明 様
 
 大井開発というより阪急の方が皆さまには
分りやすいかと思います。大井町の玄関
先に有るので現在阪急の周りにつつじを植
え、毎日ゴミ拾いや掃除をして「美化運動 」
に取り組んでいます。町会の皆様に一層
のご愛顧を賜りますようお願い申上げます
乾杯 
大井1丁目権現町会会長 清田 忠道様 
 
鎧町会と権現町会とは、最初から兄弟の
ようなお付き合いをさせて頂いております
今後ともよろしくお願い致します。
 
 
 
 
  今年もご来賓の方や町会員の方始め役員さんのご参加をいただき有り難うございました。今年も宜しくお願い致します m(_)m



     

                      大井一丁目鎧町会 会則の改定

町会会則が以下のように改定されました。赤字部分が改定されたところです
   入会
第9条   第6条に定める世帯及び特別会員等で本会に入会しようとする者は、役員に届け出るものとする。
   
  本会は、前項の入会届が有った場合には、正当な理由なくこれを拒んではならない。
   
 町会費は、次により支払うものとする
   @ 個別住宅の場合(30戸以下のマンションを含む) : 200円/月で年払い
   A 店舗と住宅兼用の場合                 : 300円/月で年払い
   B 30戸以上 100戸未満のマンションの場合    : 200円×0.9/戸数・月で年払い 
   C 100戸以上のマンションの場合            : 200円×0.8/戸数・月で年払い
   D ワンルームマンション、アパートについては      100円/戸数・月で年払い
 
  マンションは、平成28年以降に加入するものとする。平成27年度中に町会加入しているマンション
  は従来通りとする。
   
   
   会計年度
   第34条 本会の会計年度は、平成28年度は3月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
   翌年以降は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
   

                               
                                                 

TOPへ