さくらと一郎のホームページ












 
        

  

プロフィール



    昭和50年 昭和枯れすゝき で全国にブームを呼び
    一躍注目を浴びた男女デュエット歌手

    演歌では不可能と言われたハーモニーをつけ 新しいパターンの
    歌唱法を生み出した。
    又、この年 レコード大賞優秀大衆賞有線放送大賞グランプリ
    他数々を受賞しました。

    その歌唱法にも、益々磨きがかかりレパートリーの広さ、そして
    何よりも歌への前向きな姿勢が、世間に認められています。
    さくらと一郎のステージは、明るく巧みなおしゃべりも  魅力の一つです。

    オリジナルヒット 女のきずな をはじめとして 釜山港へ帰れ
    津軽じょんがら流れ唄 人生すてたもんじゃない かつおぶし
    いつのまにか も好評で有線放送などでよく聴かれます。
    尚、現在 昭和枯れすゝき が、リメーク盤として発売中で 
    カラオケファンにも よく歌われています。
    テレビではバラエティー番組に出演する事も多くなり 新分野でも
    頑張って居ります。

    平成18年2月22日に14年ぶりの新曲
    「平成枯れすすき」  「バッカじゃなかろかルンバ!」
    発売致しました。  いままでの さくらと一郎 のイメージを一新し、
    また、一郎自身が作詞、作曲に携わっており 注目されて居ります。
    テレビ、ラジオ、ゆうせん、カラオケ等で勢力的に活躍中です。
 
   
                           

  

 さくら 山岡さくら  本名 佐俣光子 昭和31年群馬県富岡市
             昭和53年 サンミュージックタレントスクール
             を経て徳川一郎とコンビ結成
             趣味 映画鑑賞

   一郎  徳川一郎  本名 遠藤晃 昭和23年静岡県三島市
             昭和44年 ポリドールレコードより
             「女はこわい」 でデビュー
             昭和49年 さくらと一郎 コンビ結成
             昭和53年 クラウンレコードに移籍
             山岡さくらと新コンビ結成
             趣味 ゴルフ