艦船写真の写し方(機材のメンテナンス)

機材のメンテナンス
機材のお手入れ

機材は耐久消費財であり、いずれは代替の時期が来るが、永く愛用したいものだ。

カメラの場合、ある程度の単位で、オーバーホールすると良いらしいが、私はまだお世話になったことはない。
が、船を写すと言うことは、潮風にあたりまくっているわけで、それなりのお手入れは欠かせない。
正式には、クリーナーなどの薬品を使うらしいが、私はそこまではしていない。

通常、レンズなどはホコリをブロアで吹き飛ばしている。
波の飛沫がついた場合等は、本体は濡れタオルでさっと拭いて、からぶき。
フィルターは、ティッシュかなんかでごしごしやってもかまわないが、レンズそのものは注意が必要。
できれば、ブロアで吹き飛ばして終る程度が望ましいが、こびりついた場合等は、専用のクリーナーによる手入れが必要。
安易に処理すると、レンズに傷がついて再起不能になるので、無理せずに専門家に頼んだほうが無難。
また、雨に濡れた場合等も、早々に水分を拭き取っておこう。

しばらく使用しない場合は、防湿対策を施しておかないと、レンズにカビが生えてくる。
規模が小さいうちは、小さな埃と一緒で影響は少ないが、カビは広がってゆくのでたちが悪い。
頻繁に使用するほうが、機材を長持ちさせるコツでもある。
また、カビが生えたレンズは、他のレンズにカビの胞子が飛び移るリスクがあるので、注意が必要だ。


デジカメのローパスフィルターの清掃は、ニコンサービスセンターでやってもらっていた。
保証期間内は無料で、以降も\315程度でやってくれていたが、需要が増えたためか、2005.6.1より、\1000程度に改定された。
クリーニングキットを導入したほうがよさそうだ。


レンズの清掃は、無水アルコールを使用する。
先ずはブロアで埃を飛ばしておく。
ペーパーを筆先にして無水アルコールを少量浸し、レンズ中心部から外側に向かって円形に満遍なく拭いてゆく。


私の場合は
1.ブロアで飛ばす
2.レンズクリーニングペーパーの角を筆のようにして取る
3.無水アルコールをレンズクリーニングペーパーに浸して筆のようにして拭く
4.無水アルコールをレンズクリーニングペーパーに浸して拭く
の段階。
レンズは傷がつきやすく、特に前玉より後玉の方が小さい分、わずかな傷でも写りに影響が出やすいので、1,2あたりで終わってほしいのが実情です。
無水アルコール等は、、、拭きむらが残りやすいので。。。


ストロボの場合は、コンデンサの能力が命なので、一年に1回は、充電発光をさせないと、やがてへたってしまうらしい。
へたってしまうと、十分に蓄電できず、性能が低下する。


カメラバッグが雨に濡れると、布である以上染みこんで行く。
見かけ上乾いているようでも、中が湿っていると、カメラやレンズも湿度が高くなりやすく好ましくない。
十分乾くまで、中身を出しておいたほうが良い。
また、こういった場合、カメラバッグに、新聞紙を丸めて突っ込んでおくと、新聞紙が湿気を吸い取ってくれる効果があるようだ。


修理/トラブルの事例

注意) 私、半端じゃなく写しています^^
撮影枚数比では、普通はこんな期間ではこれだけの修理はありません^^


機材の保管

防湿庫と言うものがある。
低湿度に保ち、カビの生えるのを押さえてくれる。
この場合、ほこりが入らないという点ではキャップは必須。
が、そうしてしまうと、密閉度が高まる。
乾燥状態でスタートすればオッケーだが、湿度のあるときなら、中には高湿度が保たれたままになってしまう。
もちろん、完全密閉ではないにしても、開放状態から比べれば、乾くのには時間がかかってしまう。
乾くまでカビ君が元気でなければよいのだが、さっさと繁殖してしまえばその後乾いても・・・。
という点からは、開放が望ましい。
相反するので、どちらに重点を置くのか。
一つの対策として、和紙や布など、通気性のある綺麗なもので巻いておくというのがある。
更に言えば、全体ではなく、キャップの代わりの部分限定。
また、乾くまでと、乾いた後で、扱いを変える。
すなわち、入れてすぐはキャップをせず、一定期間後にキャップをする。

さて、私は防湿庫は持ってません。
しかし、10年からで、レンズも10本以上ありますが、カビの生えたのは3本。
この3本は、類似高性能の後継レンズ導入によってお蔵入りしたりで、使用機会が年単位でなかったものです。
その他のものは、長くても一ヶ月以内には動かしてます。
使わないまでも持ち運び、更には使用機会が多いことによって、カビ君が根を下ろす前に動いてしまうから、カビ君が根を下ろせない、すなわち、カビが生えない。
教訓は、ちょくちょく動か