宗教芸術院 と 雅風会 
【 宗 教 芸 術 院 と は 】 
     宗教芸術院」は、仏さまを彫りたい、描いてみたいと願うすべての人々のために設けられた場です。仏像彫刻・仏画・載金の制作を通じて、自身の内の仏さまと会い、対話する-み仏との融和(一人一仏)を目的として、1973年(昭和48年)大佛師松久朋琳・宗琳の両名により創設されました。京都本部の教室をはじめ、全国各地で講習会が開かれています。(「宗教芸術院のしおり」より) 
 また、年に1回宗教芸術院主催の「仏教美術展」が開催され、全国の仏像彫刻に励む人々の発表・交流・研鑽の場になっています。
       
雅 風 会 と は 】 
     故川村雅則先生は、宗教芸術院の支部長として長く活躍され、まさに仏像彫刻一筋の生涯で、2018年秋に他界されました。先生の作品が遺された工房は、ご遺族の方により「川村雅則佛像彫刻記念館」として開館されました。

 川村先生急逝後は、生前長く師事した3名が集まり、遺された作品や資料の整理をしつつ雅風会を発足。2019年1月に、開館前の記念館を拠点とした仏像彫刻研鑽会を9名のメンバーで開始し、同年7月の記念館開館と同時に、仏像彫刻教室を開設しました。ここから当会の本格的な活動が始まりました。

 現在雅風会は、恩師である川村雅則先生の教えを継承し、宗教芸術院の支部として、東京都・埼玉県・新潟県で仏像彫刻教室と研鑽会を開催しています。

 また、毎年秋に「京都文化博物館」で開催される宗教芸術院主催の「仏教美術展」に出品し、仏像彫刻に励む多くの仲間や教室の皆様と交流しています。

 恩師の足跡や作品については、当ホームページの「大佛師川村雅則の世界」をご覧いただければ幸いです。


トップページに戻る







Copyright(c) 2019 h-1butsu. All Rights Reserved.