;
HMラボ

トップ
HMラボとは 製品情報 研究 会社概要

 
トッ プモデル:Extra HI System M ver.III (ウーファーのリングカバーは取付ネジの鳴きを遮る為)

演奏、作品(Media)が伝える“深いモノ”を忠実に伝える方法の研究開発をしています。
音響劣化の元凶をついに発見! 「生音に近い」の評価をいただく段階に達しました。…⇒お知らせに続く。




「人が聴いてよい音」を求めます。

 @ 全評価語を調査、解析し、「“胸にしみ入る”、“漂う空気感(気配)”、 “深々とした実在感”」 を
得ました。 これらは、好き嫌いの主観でない、客観的評価語です。
    A 評価語を基に、発見された重要な物理要因は、"正確な時間変化"、"突発的瞬時音"と、"空気の動き"、
B それらは、従来の"周波数"だけではなく"時間"で表されています。それを実現して奥行き感のある、
3次元のあたかもホログラフのような音像・音場を実現しました。


その実現の物理、技術詳細; 信号の”時間”を高忠実に再現し、波面を詳細に作る。
それにはSlew Rateの良いアンプ、高能率スピーカー、筺体の楽器的制振、アースまわりの電流を減少、
装置内部から発する電磁波妨害の除去、AC電源誘導被害の除去。

 
音の方向↓ 平面波 →
点音源(旧モノラール近似) 2点から正弦波放射(現行ステレオ近似) 背面使う平面波(2点から正弦波放射)

画像

故木村伊平さんの「Leicaのレンズは空気が写る」の物理的意味を求めることから始めます。

★ HMラボは、”深い感性のテクノロジー研究会”をサポートしています。
詳細は、以下のHRLをクリックください。 その中の「資料」に、詳細説明が有ります。
http://niz237gt.sakura.ne.jp/hmlab/

★ 所属学会と研究会は、通信系からアート系に移り、工学と藝術の融合を目指します。
感性工学会の”深い感性のテクノロジー学会”:http://www.jske.org/bukainews/
芸術科学会の“感性オーディオシステム研究会”:http://art-science.org/organization/audio.html.

★HMラボは試聴無料。予約: hmlabgm@gmail.comへ。お急ぎなら、(080-7992-0505)
★JR京浜東北線・大井町駅東口から、JR線沿いの桜並木道を品川方面へ徒歩10分。
 左側に、碑文谷ガードがあり、潜って左です。JR大崎駅からも徒歩10分、バスは 渋谷―大井町の41系統。


人目の訪問者です。
  (2013,11/28〜2014,7/15までは540人)


お知らせ


アナログからPCMディジタル移行で失った音の情感   

複雑化の通信にはPCM(ディジタル)は必須です。
 「音もディジタルで!」と1982、CDが世にでました。
(「カラヤン―中島平太郎で、CD が74分になった」は有名です)。
 「Extra HI オーディオの求める音質: 深く感じる音に不可欠の客観評価語:
“胸にしみいる、空気感、臨場感”」を探し出し、それを足掛かりに物理・特性を求め実現して約50年、“ディジタルの中”で研究してきましたが、
音がそっけなく、不満足。  

コロナ禍を機に大発見; アナログ>>>>ディジタル!!です。   
A君曰く、『アナログ、この湿度感のある音、これはデジタルでは出ない。拍手や歓声がデジタルと比べ圧倒的に自然に聴こえる。うーうーと歌ってる感じがデジタルよりもある。デジタル、聴き慣れた現代の音。音はする、ただそれだけ。
アナログを聴いた後だと、これを聴き続けたいとは思わない』。

アナログからディジタルへの変換:ADC(Analog to Digital Converter)で、激減(おおよそ70%)しているようだ。 何故、そんな重要な事が分からなかったか?
 50年間に、徐々に音再生装置の性能をよくしたので、分かったともいえるが、世界中が気付かなかった! 

新、革新URL に続きます。  http://niz237gt.sakura.ne.jp/new_analog/

以上のご連絡は→hmlabgm@gmail.com


Copyright HM LAB. Ltd 2014